妊娠中に痩せる効果的なウォーキング方法

妊娠中のウォーキング
お腹が大きくなると動くのが面倒になりますよね。でも、お医者さんに特別安静を指示されていない場合は、ある程度運動するのがおすすめです!

 

有酸素運動は妊娠中の不快症状である便秘、肩こり、冷え症はもちろん、体重管理にも一役買ってくれます。特に自分は太りやすいと感じている妊婦さんは基礎代謝が低い傾向にあります。

 

妊娠中は妊娠前と比較し動かなくなるので筋肉量が減り、基礎代謝が低くなりやすいです。でも食欲は増加して…となると、当然体重がどんどん増えていくのは目に見えていますよね。

 

妊娠中でも一番気軽に挑戦できるウォーキングはお金もかからず妊娠中のダイエットの最も理想的な方法です。

 

ここでは妊娠中に実践したいウォーキング方法をご紹介します♪

どうして妊娠中にウォーキングがいいの?

医師

マタニティエクササイズには、ストレッチ、ヨガ、スイミングなど様々な種類のものがあります。

 

ですが、これらは自己流では行うのが難しかったり、自宅で一人で出来なかったりするので、なかなか長続きしないのが難点です。それに費用もかかります。

 

その点、ウォーキングなら難しい知識は要りませんし、誰にでも挑戦できます。また、体に負担が少ない割には、全身をバランスよく動かすことができるので、体の余分な脂肪を燃焼するのにもうってつけ!

 

妊娠中に衰えがちな体力を補いつつ安産も目指せるおすすめの方法なのです。

妊娠中のウォーキングで得られる効果とは?

体重管理がしやすくなる

出産時に必要な体力をつけられる

下半身・骨盤の筋肉強化

血行促進により冷え性改善・むくみ解消

気分転換になる

 

お金もかからず、簡単に始められるウォーキングにはこんなにもたくさんのメリットがあります。

妊娠中、ウォーキングはいつから始めていいの?

ウォーキングを開始するのは、基本的には安定期に入ってから。妊娠初期は流産しやすい時期ですから、わざわざウォーキングをする必要はありません。

 

妊娠経過が順調で、かつお医者さんからも運動していいよと言われてからウォーキングを始めましょう。

 

ウォーキングは1日どれくらいする?

妊娠中のウォーキング時間

ウォーキングは、長い時間歩けばそれだけカロリー消費が望めますが、一度にたくさん歩くよりも日課として続けることが大切です。

 

1回当たりの目安は、15〜30分。久々に歩くのであれば、まずは15分から挑戦してみましょう。階段はお腹に負担をかけてしまい、転んでしまうと危ないので、できれば平坦な道を選んでください。

 

ウォーキング時間は妊娠中期は1日1時間、妊娠後期は1日2時間が目安です。

 

ウォーキング前には必ずストレッチを行って、体をほぐしておくのも忘れずに。アキレス腱、すね、ふくらはぎはもちろんのこと、肩や首もまわしておくといいですよ。

妊娠中のウォーキングの服装と歩き方

妊婦のウォーキング

妊娠中のウォーキングで気をつけたいのが夏です。日中は紫外線が強く、日焼け止め対策をしないとシミが増加します。

 

また熱中症の危険性もあるので炎天下の日中よりも気温も下がった夕方頃〜夜がオススメです。

 

夜一人で歩くのは危ないのでパートナーと一緒に歩ける方は夫婦の時間を大切にしながらウォーキングをしてみてはいかがでしょうか?

 

服装は風通しが良いものを選びましょう。体温に合わせて脱ぎ着できるパーカーやカーディガンを上に羽織っておくと便利です

基礎代謝がアップするウォーキング方法

ウォーキングをする際、猫背でダラダラと歩くのは実は意味がありません

 

脂肪燃焼を効率よくおこなうためには姿勢が重要です。お腹を引っ込め、お腹を上にもちあげるような感覚で背筋をただし、視線は目線よりやや上を向いて歩きます。

 

ゆっくりと歩くよりも、やや早足で歩いたほうがダイエットには効果的です。足は「かかとから着地してつま先で蹴って歩く」ことを意識してくださいね。

 

妊娠中のウォーキングで気をつけたいこと

ウォーキング中にお腹が張ってきた、体に負担がかかって辛いと感じたらすぐに中止して安静にしましょう。

 

また妊娠後期の方でウォーキングをするためにある程度歩く場合は母子手帳をもって出かけたほうが安全です。

 

妊娠中のウォーキングは一番初めに取り入れられる手軽な運動なので、自分のペースで初めて見てくださいね。