妊娠中、グレープフルーツダイエットをしても大丈夫?

妊娠中のグレープフルーツダイエット

一時期グレープフルーツダイエットといったものが流行しましたよね。これは朝と夕食にグレープフルーツ1個を食べて、そのあとに豆乳をコップ1杯飲みましょうといったもの。

 

グレープフルーツは1個約100kcalとヘルシーで、香りを嗅ぐだけでもダイエット効果が期待できると言われています。ただし、1個あたりの糖分が18.9gと多めなので食べ過ぎると太りやすくなります。

 

なので、1回の食事で半分食べるのがオススメです。またビタミンCと葉酸含有率も高いので肌荒れしやすい妊娠中のママの美容にも、赤ちゃんにも良いのがグレープフルーツの魅力です。

グレープフルーツダイエットの方法

朝:グレープフルーツ1個+豆乳

お昼:和食を中心とした好きなもの

夜:グレープルーツ1個+豆乳+メインディッシュ

 

方法は至ってシンプルで、今でいう置き換えダイエットと似ています。本来のやり方は朝と夕方置き換えですが、妊婦さんの場合どちらも置き換えをすると必要な栄養素が摂取できなくなるので朝だけ置き換えがオススメです。

グレープフルーツのダイエット効果とは?

グレープフルーツの苦味成分が食欲を抑えてくれる

むくみ解消

香りによって神経が刺激されエネルギー消費がアップ

食事前に食べることで満腹感を満たす

 

グレープフルーツは苦味成分である「ナリンギン」が食欲を抑制する効果があるので、妊娠中やたら食べたい欲求にかられてしまう人は、お菓子や炭水化物を食べる前にグレープフルーツを食べるといいかもしれませんね。

 

グレープフルーツダイエットは非常に即効性があり1週間で数kgの体重減少に成功している人もいます。ですが、これだけの体重減は妊婦にはリスクがあります。

 

グレープフルーツダイエットは妊婦さんに必要な栄養素を補えないので、毎日継続的に行うのはNGです。体重が増えすぎた翌日に一旦リセットしたいといった時などにこのグレープフルーツを取り入れた食事をしてみても良いでしょう。

グレープフルーツジュースでは代用できないの?

ぶレープフルーツジュース

グレープフルーツを丸々購入すると重いし、高い。それに海外製のグレープフルーツは防カビ剤が撒かれているので食べる前に洗う必要があったり、分厚い皮を剥く必要もありちょっと手間ですよね。

 

それならジュースで代用できないのでしょうか?

 

グレープフルーツの場合、濃縮還元100%果汁のものなら食欲抑制効果のある「ナリンギン」という成分は摂取できます。ただし、身を食べた時と比較すると満腹感は劣ります。

 

自分のライフスタイルに合わせて合っている方を選択してくださいね。