妊娠中は白米よりも玄米や雑穀米がオススメの理由

妊娠中、主食(炭水化物)を何にするかで吸収できる栄養や1日の摂取カロリーは異なってきます。

 

お腹に赤ちゃんがいるので特に栄養には気を配りたいですよね。

 

妊娠する前は白米を食べていた方が多いと思いますが、妊娠をしたら玄米や雑穀米がオススメです。

 

これは栄養面やダイエットにおいても白米よりもメリットの面がたくさんあるからです。

雑穀米の魅力

雑穀米
雑穀米は白米に玄米、あわ、ひえ、きび、ハトムギ、押し麦、大麦、黒米などの雑穀と一緒に炊いてできたお米の事です。

 

雑穀米もビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分、マグネシウム、食物繊維などの栄養素が豊富で食べごたえもあり満腹感が得られやすくなります。

 

雑穀米の魅力は栄養が一気に摂れること、そしてモチモチ食感で普通に白米を食べている時よりもよく噛むようになることです。
よく噛むことで唾液が分泌されて消化力が上がり、さらに早めに満腹感が得られるので腹八分目で食事をストップさせやすくなります。

 

たくさん食べ過ぎてしまう妊婦さんには白米を雑穀米に変えるだけで同じ量でも栄養分、満足感が一段とアップするので妊婦さんのダイエットにも、赤ちゃんの栄養にも両方にメリットがある雑穀米はとってもおすすめです。

玄米の魅力

玄米
玄米は稲の籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)を取り除いたものです。白米よりも栄養が豊富で食物繊維、ビタミン、鉄分、亜鉛、カリウムを多く含みます。

 

玄米は白米に比べてカロリーも低く、食物繊維が豊富です。また妊娠中に不足しやすい鉄分を補えるので、普段から貧血ぎみの妊婦さんは玄米を食べると貧血予防にもなります。

 

助産師さんもおすすめする食べ物で整腸作用もあるので便秘になりやすく、体重管理を考えている妊婦さんにはもってこいの食べ物です。

 

※玄米は栄養価は高いですがアクが強い食べ物でもあるので心配な方は医師に相談してから食べてください。

 

もし自宅の炊飯器が玄米に対応していたらカロリーカットにもなるので、体重管理をしたい妊婦さんや便秘ぎみの妊婦さんは玄米がぴったりです。

実際に雑穀米を食べています!

雑穀米

妊娠をしたら栄養面を考え白米をこの玄米や雑穀米に切り替える方も多いようです。

 

私は妊娠する前体重を管理するためにあまり白米を食べることはなかったのですが、妊娠してから栄養バランスを考えしっかりと白米も食べるようになりました。

 

ただ、どうせ炭水化物を食べるなら必要な栄養素が一度に摂れる雑穀米にしよう!雑穀米を購入して妊娠初期の頃から雑穀米を食べるようになりました。

 

そしたらこれが大正解!!
白米を雑穀米に変えて一番よかったのは満腹感とお通じ効果です。
雑穀米
雑穀米はモチモチしていて食べごたえがあるので白米と同じ量、もしくは少ない量でも満足感が得られました。

 

また便秘があたり前の体質でしたが、(玄米だけのおかげとは限りませんか)妊婦の割にはほとんど便秘には悩まされることがありませんでした。

 

正直雑穀米を食べ始めたら普通の白米に戻れなくなってしまいました 笑 

 

ダイエットにストレスは大敵なので、ストレスを減らして体重管理をすることが一番大切ですよね。美味しく食べながら体重管理するコツはいつも食べている料理を見直すことが大切。

 

白米は大好きだけど体重が気になる…という方は種類を変えてみることも検討してみてくださいね!