妊娠中に絶食(断食)をして体重を落として平気?

医師の注意

妊娠中、妊婦検診に行って体重を測るたびに助産師さんや先生から「増えすぎ!」と注意をされると病院に行くのも億劫になりますよね。

 

妊娠中は太りやすいので妊娠前と同じ食生活だとどんどん体重が増えていくし、便秘も悪化している場合は体重が減らず蓄積されていくような感じで精神的にもまいってしまいます。

 

体重が増えるのが怖い、体重をキープしたいという思いから特に妊婦検診前に「食事を摂らない絶食(断食)」をしようかと悩む妊婦さんもおられます。

 

しかし、妊娠中にダイエットのための絶食(断食)はおすすめできません。つわりを抜いて、普段の絶食は個人的には出来ないのでは?と思います。なぜなら究極にお腹がすいて我慢の限界を超えてしまうから。

 

また妊娠中の絶食(断食)は胎児への影響、そして母体へのストレスに直結します。

つわり中の絶食(断食)に関して

妊娠中の絶食

妊娠初期にほとんどのママが経験する「つわり」。つわりの影響で全くご飯が食べられない妊婦さんも多いですよね。ですが、この時期の絶食(断食)は赤ちゃんの成長に影響しません。

 

妊娠初期の頃の赤ちゃんは自分自身の栄養袋(卵黄嚢)を持っているので、お母さんがつわりで絶食(断食)状態になってしまったとしてもママが吸収する栄養に関係なく順調に成長してくれます。

 

この時期は「赤ちゃんのため!」と思って無理に食べようとはせず、食べられる時に食べたいものを食べる感じでOKです。

妊娠中期以降の絶食(断食)が与える胎児への影響

つわり中の絶食(断食)を除いて、その後の体重管理のための継続的な絶食(断食)は赤ちゃんの成長に支障をきたす恐れがあります。

 

第二次世界大戦後、充分な食糧がなかったオランダでは、妊婦さんがほぼ絶食状態で赤ちゃんを出産し、その赤ちゃんが成人してから健康状態を調査した結果、メタボリックシンドロームをはじめとした成人病にかかるリスクが高くなっていることが分かりました。

赤ちゃん

これは、妊娠中にお母さんの母体から十分な栄養が得られないため、僅かな栄養を吸収して赤ちゃんが成長したためです。

 

つまり、少しのエネルギーで生きて行けるような体になってしまった結果です。そんな赤ちゃんが、産まれてから大人になるまで普通に食生活を送ってしまうと、標準的な量でも「食べ過ぎ」になってしまいます。

 

妊婦さんが絶食(断食)したからと言って、必ず赤ちゃんが成人病になりやすくなるというわけではありませんが、統計的にこのようなデータがあるということを覚えておきましょう。

妊娠中の絶食(断食)が与える母体へのストレス

絶食は母体にストレス

妊娠中はただでさえ食欲が盛んになる時期。問答無用の食欲が襲ってくることだってあります。

 

そんな時に「食べない」のは妊娠していなくても相当のストレス。イライラしてしまい逆にドカ食いをしてしまう妊婦さんもいます。また栄養が取れないので歯がボロボロになったり、肌トラブル、髪の毛がパサパサいなったり等母体に様々な影響が出てきます。

 

幸せなマタニティライフを送りたいのに、これって何か違いますよね?こんな苦しい思いをするマタニティ生活が正解なのでしょうか?

 

アメリカでは妊娠中は幸せに過ごすことに重点を置いているので日本ほど体重管理に関してはうるさくありません。

 

日本は世界で見ても体重管理にうるさい国のようです。

妊娠中、絶食以外で体重を落とす方法

妊娠中、1人前は食べないと赤ちゃんが健康に育つための栄養素が行き渡りません。

 

仮に絶食(断食)をしても、数日で体重は減っていきますが、やせ細った筋肉の分だったり基礎代謝が落ちるため、普通の食事に戻しただけでその後体重が増えやすくなります。妊婦検診の前に絶食しても、検診後の体重増加が大変です。

 

つまり、妊婦さんのダイエット方法で絶食は禁物。精神的にも身体的にも負担も大きいので辞めましょう。

 

じゃあ体重を減らしたい時はどうすればよいの?という妊婦さんに一番理想なのは運動便秘解消です。

 

ただ、

・母体にも胎児にも妊娠中の太り過ぎが健康に影響を与える

・妊娠糖尿病等のリスクが出て健康面で体重増加を防がなければいけない

 

という場合は、酵素ドリンクを使った置き換え(プチ断食)がオススメです。⇒妊婦さんの絶食よりも効果的な酵素ドリンクの詳細はこちら

妊娠中のプチ断食!健康的に行える置き換え方法

妊婦のファスティング

通常、妊娠中や授乳中のファスティングは推奨されていません。妊婦さんは1日に必要な栄養素やカロリーが多く、さらに貧血になりやすいので断食による健康リスクがあります。

 

ただ、今の酵素ドリンクは栄養価が高く、1日に必要な栄養素を補給しながらのプチ断食であれば問題はありません。
酵素ドリンクは野菜や野草・果物の栄養素を酵素の力を使って分解し、体内に吸収しやすくしたドリンクです。ダイエット中に必要なアミノ酸とビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

 

妊娠中に食事制限の指導を受ける際、油や塩分、糖分を抜いた食事を指導されるものの、タンパク質はしっかりと摂取するようにと言われます。

 

つまり妊娠中に必要な栄養素はしっかりと摂取し、不必要な栄養素は控える食生活を送るということ。これはある意味酵素ドリンクで置き換えをするのと、大きな違いがない食生活なんです。

 

ただ、酵素ドリンクの中には人工甘味料を使って甘く味付けてしているようなものも見られます。妊娠中は口にするものには気をつけたい時期。妊娠中に酵素ドリンクを用いてプチ断食をする場合は、人口甘味料が配合されていないものを選びましょう。

 

当サイトでは妊娠中の妊婦さんが安心して飲める酵素ドリンクを増えすぎた体重を減らす方法で紹介しているので参考にしてみてください。

 

また、酵素ドリンクを使って置き換えをする際は酵素ドリンクにはタンパク質がほとんど含まれていないので、残りの2食ではタンパク質を意識した食生活を送ってください。

 

また濃い味の食事は避け基本は和食。減塩をしましょう。もちろん間食はこの間だけでも我慢しましょう。

 

体重管理は大変ですが、完全に食事を絶つことはせず、酵素ドリンクを使って置き換えをすると増えすぎた体重をコントロールし、出産までに体重が増えすぎないようにすることが可能です。

妊娠中のダイエット以外による絶食は大丈夫?

妊婦の健康診断

妊娠中はダイエットのためではなく、胃腸炎や下痢、会社や市の健康診断、便秘、入院によって絶食をしなければいけない機会があります。健康診断のための絶食や入院や胃腸炎による絶食は病院や医師の判断のもと行うようにしてください。

 

1食、1日程度でしたら赤ちゃんに大きな影響を与えることはありません。

 

便秘になってしまい絶食をしたほうがいいのかと悩む妊婦さんもおられますが、妊娠中は貧血になりやすいので絶食ではなく、絶食以外の方法で体重管理する方法を選択しましょう。