妊娠糖尿病について

妊娠糖尿病

「妊娠糖尿病」は妊娠が原因で引き起こされる糖代謝異常のことです。(完全な糖尿病にはいたっていない状態です)

 

妊娠中は妊娠していない時と比較し、軽度ですが糖代謝の異常が起こりやすくなっています。というのも、血糖値が上がりやすいのです。

 

お腹の赤ちゃんはブドウ糖をエネルギーにして成長します。

 

非妊娠時は食後にインスリンが分泌されブドウ糖が体のエネルギー源として運ばれますが、妊娠中はホルモンの働きによってによってブドウ糖を分解するインスリン分泌量が減り、分解されにくくなったブドウ糖は胎盤をとおして優先的に赤ちゃんに送られます。

 

そのため妊娠中は血糖値が上昇しやすく食後の血糖値が低くなりにくくなっています。自覚症状はないものの、全妊婦の12%にこの妊娠糖尿病の症状が見られると言われています。

妊娠糖尿病になりやすい人

妊娠糖尿病になりやすい人は、35歳以上の高齢出産になる方、肥満の方、妊娠高血圧症候群の方、妊娠中に体重が増加した方などが挙げられます。

 

ただ、妊娠中に体重が増えないように調節しても妊娠糖尿病になってしまうこともあるため、誰もがかかるリスクを抱えていると言えます。

 

妊娠糖尿病になると以下の影響が出やすくなります。

胎児へのリスク

・流産

・奇形

・低体重児、巨大児

・子宮内脂肪

母体へのリスク

・早産

・妊娠高血圧症候群

・帝王切開

・羊水過多症

 

妊娠糖尿病は、胎盤から分泌されるホルモンが影響しているので、多くの方が出産後は自然に治癒します。ただ、一度妊娠糖尿病にかかった人は将来的に糖尿病にかかる可能性が高くなるため、出産後は定期的な血糖値の検査を受けたほうがよいです。

 

妊娠糖尿病にならないようにするには妊娠中の栄養バランスが取れた食事を意識することが大切です。急激な体重増加を防ぐために適度の運動をしたり、自分の今の食事内容を見直してみましょう。