妊娠線を予防するには

妊娠線 予防

妊娠中のママに意識して欲しいのが妊娠線です。

 

妊娠線は一度できてしまうと出産後は消えることはなく、何年経過してもそのまま跡として残ってしまいます。

 

妊娠線がお腹だけではなく太ももやふくらはぎ、二の腕にもできてしまうとファッションを楽しめないことも。

 

特に一番できやすいお腹に妊娠線ができてしまうと水着を着た時に視線が気になったりと、海で遊ぶことが大好きなママには満足にレジャーを楽しめない原因にもなってしまいます。

妊娠線ができる原因

妊娠線は皮膚の急激な伸びに追いつけず、真皮層が断裂してしまうことが原因です。

 

赤紫色の跡が残り、内出血が起こっているような傷ができます。臨月になると急激にお腹が大きくなる妊婦さんは多いですが、この時に妊娠線が最もできやすいです。

 

妊娠線を予防するには

妊娠線を予防する方法として体重を増やしすぎない(お腹の皮膚の急激な伸びを避ける)、保湿クリームをたっぷりと塗る方法が挙げられます。

 

妊娠線ができやすい体質、できにくい体質は個人差があります。何もしなくても妊娠線はできなかった!といったママもいます。

 

ですが、妊娠線は一度できてしまうと消すことができないので絶対に作りたくない妊婦さんは対策をすることで妊娠線ができる可能性を低くすることができます。

 

助産師さんに「保湿ができていればいい」と言われ、ニベアなどの安い保湿クリームで保湿を行う妊婦さんもいますが、ニベア等ではほとんど意味がありません。

 

なぜなら、市販の保湿クリームは表皮層までの保湿で、断裂が起こっている真皮層を断裂が起こりにくい弾力がある皮膚にできないからです。

 

真皮層をおせんべいにしておくのと、グミの状態にしておくのでは断裂の起きやすさは一目瞭然ですよね。

 

妊娠線をしっかりと予防したいと思ったら「保湿クリーム」ではなく、真皮層まで届くシラノール誘導体が入った「妊娠線予防クリーム」を使用してくださいね。