妊娠高血圧症候群

昔は妊娠中毒症と言われていた妊娠時の特有の病気です。高血圧、尿タンパク、むくみのうち1つ、ないしは2つの症状が見られ、妊娠前にはなかった場合に定義されます。

 

はっきりとした原因はわかっていませんが、妊娠に体がうまく対応できていない人が発症してしまうと言われています。妊娠20週〜分娩後12週の間に起こります。