妊娠中の便秘はどうすれば良い?

妊娠中 便秘

妊娠中の便秘は多くの妊婦さんを悩ませるマイナートラブルの一つです。今まで普通に排便出来ていた人でも妊娠したとたん便秘になってしまうことも。

 

妊娠中の便秘は体重増加だけではなく、むくみや肌荒れ、新陳代謝の低下なと様々なトラブルを招く元凶になってしまいます!

 

赤ちゃんは母体の腸内環境を受け継いで生まれるとも言われているので少しでも便秘を解消してスッキリ綺麗な腸内環境を目指しましょう。

 

便秘の原因は初期・中期・後期で変わっきます。ここでは妊娠中の便秘解消方法についてご紹介していきます。

妊娠中の便秘の原因

初期

妊娠初期

まず初期の便秘の原因とされているのはホルモンの影響です。
妊娠すると妊娠継続するためにプロゲステロンが大量に分泌されるようになりますが、プロゲステロンは胃や腸の筋肉を緩める作用があるため、腸の収縮運動が低下し便秘になると考えられています。

 

その他にもつわりで食べれなくなったことや嗜好が変わったことで消化の力が弱まったということも考えられています。

中期から後期

妊娠中 便秘

中期から後期にかけての便秘は子宮が大きくなることによって大腸が圧迫され、便が腸内を進みにくくなり水分が再吸収・硬化してしまうことが原因と考えられています。

 

お腹が大きくなるにつれて他の臓器は端に押しやられるので、物理的に圧迫を受けてしまいますよね。

 

その分便が進みづらく滞留しやすくなるのでどうしても便が詰まりやすくなります。

妊娠中の便秘対策

妊娠中の便秘対策で最も簡単な方法として行えるのが食事での便秘対策です。

 

食物繊維を豊富に含んだものや乳酸菌を含んだ飲み物を飲んで腸の動きをよくしてみてください。

 

主食なら玄米やミネラルが豊富な雑穀米、パンならライ麦パン等がオススメです。精製されていない食物は食物繊維やミネラルが豊富なので便秘を改善しやすくなります。

 

食物繊維は水溶性食物せにと不溶性食物繊維の2種類がありますが、どちらか一方だけではなく、この二つをバランスよく摂ることが大切です。理想は不溶性・水溶性=2:1が理想です。

 

不溶性食物繊維を水溶性食物繊維の2倍摂るといいと覚えておきましょう。

 

水溶性食物繊維を多く含んでいる食べ物

きのこ類:ナメコ、しいたけ、えのきたけ

海藻類:ワカメ、ひじき、

芋類:山芋、ごぼう

果物類:アボガド、キウイ、いちご、りんご

 

不溶性食物繊維を多く含んでいる食べ物

きのこ類:きくらげ、えのき、なめこ、しいたけ

海藻類:昆布、ひじき、わかめ

芋類:こんにゃく、さつまいも、里芋、山芋

果物類:キウイ、柿、りんご

豆類:あずき、納豆、大豆、枝豆

便秘解消の食事

これらの食材を意識して、普段の料理の中に取り入れてみてください。ただ妊娠中は食事が十分に取れなかったり、これらを意識してもなかなか便秘が治らない、という時もありますよね。

 

そんな時はこれにプラスしてをーキングなどの運動を加えると便秘解消率が上がります。もちろんお腹に赤ちゃんがいるので無理をしない程度でウォーキングをしてくださいね。

食事や運動では便秘が解消されない場合

下剤

便秘対策に良いと言われている乳酸菌を飲んでも、運動をしてもなかなか思ったように便秘が解消されない!という時は担当の医師に相談をして下剤をもらっても良いでしょう。

 

液体、もしくは錠剤で処方してもらうことができます。

 

自己判断で妊娠中に下剤を選んで飲むのは赤ちゃんに影響を与える恐れもあるので、必ず医師に処方してもらった下剤を飲むようにしてくださいね。

自然に便秘を解消したい妊婦さんには

ただ、妊娠中は下剤を飲みたくない、お腹を痛めて無理に出すのは嫌…という妊婦さんもいます。

 

そんな妊婦さんにオススメなのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになり、善玉菌を増やしてくれます。善玉菌は糖分を餌にして酢酸や乳酸をつくり出し、これらが腸内を酸性にして腸の働きを活発化させます。

 

便を柔らかくする働きもあるので便がカチカチに硬くなってしまっている妊婦さんにもオススメです。

 

妊婦さんと赤ちゃんが安心して飲める日本で一番売れているオリゴ糖がこちら↓
『カイテキオリゴ』
累計販売数180万袋突破したオリゴ糖で自分の好きな配送コースを選ぶことができます。