妊娠中の二の腕痩せ方法

妊娠中は、体全体にまんべんなく皮下脂肪がつきやすくなります。そのため、ドンッと貫録のある体型になり自分の体型の変化に気持ちが不安定になってしまうママもいらっしゃるかもしれません。

 

特に二の腕は夏になると服から出たり、ドレスを着ても出る部分なので、どうしても気になってしまいがち。ここさえ細くなればとも思えますよね。二の腕痩せは、食事制限や運動ができない妊婦さんにオススメの、部分痩せ可能部位です。

 

二の腕が引き締まるだけで、体全体のバランスがスッキリ見えます。

 

ここでは二の腕を細くしたい妊婦さんが妊娠週数に関係なく行える二の腕痩せの方法をご紹介します。

両肘を合わせてキープ方法

床の上に正座をして、背筋をまっすぐ伸ばします。この時、背中が反っているとお腹に負担がかかってしまうので気をつけましょう。

 

お腹が大きくてピッタリ足をくっつけて正座できない場合は、あぐらでも構いません。背筋を伸ばすことだけ気を付けて下さいね。

 

正面を見て、ひじの角度が直角になるようにして、両方のひじを顔の前でピタリと合わせます。このままゆっくりと、あげられる高さまで腕を上げます。

 

プルプルしてきますが、頑張りましょう。上げきったら3秒キープし、元の姿勢に戻ります。これを10回程度繰り返します。

椅子に座った方法

椅子の上に座って行う二の腕痩せ体操です。足を楽な幅で開いて浅く座り、背筋を伸ばします。

 

おへその前で両手の4本の指を上下に合わせましょう。このまま、左右に肘を開くようにして力を入れます。

 

右手は右に、左手は左にグーッと力を込めて10秒。一気に脱力して数回呼吸をして、あと2回繰り返します。合計3回行ったら、次は手の組み方を反対にして3回行いましょう。

二の腕バイバイ体操

椅子の上に座って行う二の腕痩せたいそうです。背筋をまっすぐ伸ばして座ったら、右腕を後ろにピンと伸ばします。

 

あげられるところまで上げて、バイバイのような形で手を振りましょう。早く動かすよりも、ゆっくり動かすのが二の腕に効かせるポイントです。

 

10秒行ったら腕を元の位置に戻し、左側も同様に行います。左右1セット、合計で3セット行いましょう。ひじを曲げないようにするのがポイントです。