マタニティヨガについて

マタニティヨガ
必要以上に太らないためにも、妊娠中に適度に体を動かすことは、とても重要です。体の負担も少なく、ストレスなくおこなうことができるマタニティヨガは、妊娠中のダイエットにピッタリです。

 

マタニティヨガは、妊婦さんのために考案されたヨガで、心と体をリラックスするために行われます。呼吸を通して胎児との繋がりを実感し、産後の子育てにも良い影響をもたらしてくれます。

 

マタニティヨガで得られるもの

心と身体で瞑想しリラックス効果

肩こり、腰痛、むくみを軽減

出産時に必要な筋肉を強化

出産時に役立つ呼吸法を身に付ける

 

体を動かしてダイエット効果が得るだけではなく、リラックス効果があるの大きな特徴です。

 

女性にとって妊娠、出産は大仕事です。心身ともに大きな負担がかかりますが、ゆったりとマタニティヨガをおこなうことで、気分を落ちつけることができます。

 

マタニティヨガは、筋肉が柔らかくなるのも魅力です。筋肉が柔らかければ、出産時に子宮口から産道、骨盤がスムーズに開くようになります。

 

スムーズに開けば母体への影響が軽くなるだけでなく、赤ちゃんの負担も少なくすみます。マタニティヨガは、妊娠中のダイエットだけではなく、出産の準備としてもおすすめの運動といえます。

自宅でできるヨガ


合蹠(がっせき)のポーズは、股関節を柔らかくし、骨盤位置を整えることができるヨガです。股を開き左右の足の裏をあわせ、背筋をのばしながら、ゆっくりと上半身を倒します。

 

このとき、呼吸を乱さずに自然にすることがポイントです。おなかが大きくなって、上半身を前に倒すことが苦しい場合は仰向けでおこなってみましょう。

 

妊娠中は太りやすいからこそ体を動かすことが大事

妊娠中は、体重が増えることが普通です。それには、いくつかの理由があります。まずは、おなかの中にいる赤ちゃんにも血液を循環させる必要があるからです。そのため、体内の血液量が増加して体重が増えます。

 

それから、妊娠中は赤ちゃんを守るために、皮下脂肪がつきやすくなるのも原因です。妊娠前と同じ食事をしていても、脂肪が蓄積されやすい状態になっているのです。

 

ですが、いくら赤ちゃんのための体重増加とはいえ、増えすぎはよくありません。必要以上の体重の増加は、母体だけでなく胎児にも悪い影響が起こります。太り過ぎると、産道にも脂肪がつくので難産になる可能性もあるので、注意しましょう。

 

体重管理やストレス解消にもマタニティヨガはピッタリ。マタニティヨガで大幅で痩せることは難しいですが、自宅でもできる運動なのでリフレッシュしたい時やリラックスしたい妊婦さんは取り組んでみてくださいね。