マタニティスイミングってどんなことをするの?

マタニティスイミングの内容
スイミングと聞くと体全身を動かすハードな運動だと思う人もいるかもしれませんが、マタニティスイミングは水中の浮力を活かして体を動かすので体が軽く感じ、体に負担がかからない運動がしたいという方にピッタリのエクササイズになります。

 

水中をゆっくりウォーキングしたり、クロールやバタフライなどのレッスンを受けられるので鈍った体全身を動かすことができ、体を動かすことが好きな妊婦さんにもピッタリです。

 

水面にプカプカと浮くレッスンはリラックス効果も高いうえに、出産時に必要になる呼吸法を学ぶことができるので一石二鳥です。
体が動かしやすくなるので、妊娠中におこりやすい下半身のむくみや、腰痛、股関節痛などの症状もやわらげることができます

マタニティスイミングはいつから初めていいの?

マタニティスイミング妊娠16週ぐらいからはじめるのがベストです。妊娠16週は、いわゆる安定期と呼ばれている時期です。

 

このころに胎盤が完成し、つわりがなくなり楽になる人も多くなります。マタニティスイミングを安心しておこなうためには、医師の許可をえてからはじめることが重要です。

 

室温や水温管理、助産師や出産に関する知識が豊富なスタッフが常駐しているスイミングスクールもあるので、近場でないか探してみてください。

 

いつまで通えるかは決まりはないので、出産間近までスイミングスクールに通う妊婦さんもいらっしゃいます。

 

ただ妊娠中は1日1日で体調に変動がでる時期もあるので体調を見ながら、無理のない範囲で続けるようにしてくださいね。

マタニティスイミングができる場所は増えてきている

今はマタニティスイミングができる施設が徐々に増えつつあります。特に関東圏や大阪、名古屋等には多く見られるようになってきました。

 

気分転換でウォーキング以上の運動効果が欲しい

泳ぐのが好き

体重管理をしたい

これから出産するママ友が欲しい

 

こんな方はマタニティスイミングを初めて見てくださいね。

 

マタニティスイミング
妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化するので、普段よりもイライラしたり憂鬱になったりし感情の起伏が激しくなることが多いです。

 

赤ちゃんが無事に育つかどうか、出産に対する不安、生まれたあとの生活環境の変化に不安を感じ、気分がふさぎ込んでしまうこともありますよね。こういったストレスや不安は心身に大きな影響を与えてしまいます。

 

妊婦さんにもリフレッシュは必要です。お買い物や運動もリフレッシュにはいいかもしれませんが、妊娠中にしかできないマタニティスイミングを楽しむのも、妊婦さんのリフレッシュ方法として人気があります。