妊娠中期に入ってから急に体重が増えた原因と対処法

妊娠中期(6ヶ月、7ヶ月)に入ってから「急に太りやすくなった、体重が増加し始めた」と気づく妊婦さんも多いです。

 

妊娠中に太りやすい理由はこちらでも説明していますが、その他にも妊娠中期は体重が増える要因がいくつもあります。

 

妊娠中期に太りやすい理由

赤ちゃんが急に成長

この時期は赤ちゃんが妊娠初期と比べて急激に体重が増加する時期。妊娠6ヶ月の間は赤ちゃんが1ヶ月で500gも増加します。
そのため妊婦さんが一生懸命カロリーを抑えても赤ちゃんの重さで体重が増えやすくなっています。

浮腫みやすい

妊娠中期はホルモンの影響や血液量の増加で浮腫やすい時期。たった1日で急に太った場合は浮腫が原因であることがほとんど。これだけで数キロ単位で体重が増加している場合もあります。

 

浮腫が解消されれば元の体重に戻るので、焦らないで浮腫を解消していきましょう。

食欲増加

つわりが収まり食欲が湧いたり、外出できるようになって外食が増えると体重増加に拍車がかかります。

 

外食は塩分が高め、高カロリーのものがほとんど。外食が避けられない場合は塩分控えめ、低カロリーのものを選択しましょう!
また辞められない間食、食欲が抑えられずにお腹いっぱいまで食べる習慣もカロリーオーバーにつながります。

 

脂肪を蓄えたり分解するにはインスリンと女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の働きが必要ですが妊娠中はこれらのホルモン分泌が活発になっているので脂肪を蓄積しやすくなっています。

 

普段ならドカ食いをしても1日に脂肪が付く量はせいぜい100g程度ですが、妊婦さんの場合はそれ以上ついてもおかしくはありません。

 

急に体重が太りやすくなった!と気づいたら以下のことに気をつけてみてください。

 

急激な体重増加を防ぐ方法

急激な体重増加を防ぐためにするべきことは食事管理、運動が王道です。

 

食事

1日に食べるカロリー計算で頭がいっぱいになると精神的にまいってしまいます。細かいカロリー計算よりも、以下を実践してみましょう。

 

お菓子、ジュースは控える
(どうしても食べたい場合はふかし芋、ドライフルーツなど洋菓子ではなく和菓子を選ぶ)

温野菜を食べて体の温度をあげる

夕食を18時までに済ませる

塩分を控える(味が濃いとご飯を食べたくなるので薄味で)

少しお腹が満たされてから炭水化物を食べるようにする。

炭水化物の量を控える

 

これらを見直すだけで体重増加が抑えられやすくなります。ちなみに妊娠中期の理想カロリー摂取量は1800kcal程度。仕事でほとんど日中に運動をしない妊婦さんはこれ以上は摂取しないように管理しましょう。

運動

中期に入れば体調を見ながらウォーキングを行い、早歩き、姿勢を良くすることを意識してください。散歩のように歩く方法ではあまりカロリーが消費されません。できるだけ大股で歩き腕を振ってカロリーを消費しましょう。

 

その他、床掃除、子供と遊び、お風呂掃除なども自宅でできるいい運動になります。腰痛がありウォーキングができない場合はマタニティヨガ、マタニティスイミング等がオススメです。

 

体重を減らすために運動をしなければいけないと思うより、出産に向けて体力作りをすると思いながら運動をすると気持ちも前向きになりながら運動ができます♪

浮腫を解消

足の高さを高くする

妊娠中にできる浮腫解消として、寝ている時に足の高さを上げる方法が挙げられます。足元に枕を置いたり、足元が高くなるようにすると足に溜まった水分が翌朝排出されやすくなります。

足のマッサージ

マッサージで足の血液循環をよくしてあげるとリンパが流れ、足の浮腫がとれやすくなります。お腹が大きくてマッサージが出来ない場合はパートナーに足先、ふくらはぐをマッサージしてもらいましょう。

ウォーキング

ウォーキングをすると血液循環が良くなり足先がポカポカするだけではなく浮腫解消にもつながります。ウォーキングはカロリー消費、体力づくりにもなってたくさんのメリットがあります。

塩分を控える

妊婦さんの浮腫の最大の原因は食事中の塩分の多さです。食事を摂る時は塩分が少ないもの、料理は減塩を心がけましょう。

 

またカリウムが多い食材(きゅうり、バナナ、りんご、いちご、みかん)等を食べるものも浮腫解消につながります。

 

体重が増えやすくなったと感じると、1日単位の体重増加に敏感になりストレスが大きくなります。1日で300g、500g体重が増えるそれだけで憂鬱になったりしますよね。

 

ですが体重は食べた内容、浮腫で簡単に1kg単位で増減します。体重が増えた場合は憂鬱になるのではなく、明日体重を元に戻すためには何ができるかを考えてみましょう。

 

一番早く見直せるのは食事内容です。

 

炭水化物を控えるだけで一気に体重が落ち着くこともあるので今日だけ炭水化物を抜いた食事、早めの食事を心がけてみてください。