結婚式までに痩せたい!ドレスが似合う体型になるにはどうすればよい?

妊娠中の結婚式

妊娠中に友人や親戚の結婚式に出席したり、自身が結婚式を挙げることもあります。

 

今はマタニティウエディングを行える式場も増え、お腹が大きくなってからでもウエディングドレスを着て挙式をすることが可能です。

 

妊娠中に太ってしまった二の腕、結婚式は写真も残るしできるだけダイエットしたい!と思いますが、赤ちゃんのことも心配ですよね。

 

妊婦の花嫁姿

結婚式は一生に一度の素敵な記念日。親戚や友達を大勢呼ぶので、誰よりも綺麗な姿でいたいと思うのは女性として当然のこと。

 

そのために、ダイエットしてスラリとしたドレス姿を披露したいと思うかもしれません。

 

けれども、この時期に食事制限はNG!妊婦さんなのですから、お腹周りがふっくらしているのは当然のこと。

 

お腹周りを引き締めてスラリと見せようとは思わなくて大丈夫です。

 

お腹周りがふんわりするラインのドレスを選べば、赤ちゃんがいることを生かした可愛らしい花嫁さんに見えますよ。

 

妊婦さんが結婚式前にしていいダイエットは、「二の腕ダイエット」です。また出席する妊婦さんはドレスを着る際足が出るので「足痩せ」も取り入れたいですよね。

 

ドレスから出ている部分、二の腕や足痩せががスッキリしているだけでスタイルアップして見えます。

 

また、二の腕のトレーニングは腹部に圧力をかける心配もないので、妊娠時期に関係なく行えるというメリットもあります。

 

ふっくらお腹とは対照的なスタリとした二の腕や足を披露できれば、綺麗な花嫁姿に見えますよ。

妊娠中の二の腕ダイエット

肩甲骨を動かす

二の腕ダイエット

二の腕ダイエットのコツは、肩甲骨をスムーズに動くようにしておくこと。

 

肩甲骨がフリーズしていると、どうしても二の腕に肉がつきやすくなってしまいます。

 

肩を上下させたり、ぐるぐる回したりして、肩甲骨を動かしてあげましょう。

 

また、二の腕を細くするためには、マッサージも効果的です。

二の腕マッサージ

二の腕マッサージ
<p>


左手首を右手でつかんで、そのまま脇の下までググーッとさすりあげます。ちょっと痛いくらいの力でOKです。

 

腋の下まで言ったら、2回ほど腋の下をプッシュしましょう。

 

この部分にリンパの流れをよくするツボが集結しているので、忘れず刺激するようにして下さいね。

 

片腕に月10回を目安に行います。毎日朝晩の2回行っていれば、体重の変化がないにしても、二の腕がスッキリ見えますよ。

 

脂肪は動いてくれますから、たくましい二の腕の人もご安心を。まずは2週間続けてみましょう。

妊娠中の足痩せダイエット

まず、妊娠中はとてもむくみやすくなります。赤ちゃんに血液を送るために血液量が増えたり、筋肉量も低下しているので妊娠前よりも水分を溜め込みやすくなっているんですね。

 

このむくみはやがてセルライトになり、足を太くさせる原因になります。妊娠中足痩せしたいと思ったらまずはむくみを取り除くことが基本の基本となります。

 

ここでは妊娠中でもできる足痩せ方法をご紹介します。

枕で足上げ

これは妊娠初期のママでも実践してOKの簡単なむくみ解消方法で、寝る際に足元に枕をおいて足を少し高くした状態で寝ます。

 

すると足に溜まりがちな水分が外に排出されやむくみ解消とむくみ予防にききます。

ウォーキング

安定期に入ったらウォーキングを始めるのもオススメです。

 

ウォーキングをすると全身の血流が動いてむくみを解消しやすくなります。

 

特に後期に1日1時間ウォーキングするとお産もスムーズにいきやすくなると言われています。

 

歩いて筋肉量を増やせば代謝UPになり、体が太りにくくなります。

 

足の筋肉をつければむくみにくくなるので体調が良い時はウォーキングで体を動かしてみてください。

椅子に座ってできる足運動

椅子に座り、片足ずつ足首を上げ下げします。簡単なストレッチになり、ふくらはぎや足首のリンパを刺激できるのでリンパの流れがよくなります。

 

安定期に入っても無理をするとお腹がはってしまうことがあります。お腹に異常を感じたらすぐにやめて横になってくださいね。