妊娠中にカロリミットを飲んでも大丈夫?

カロリミット

妊娠中、体重増加を防ぐためにCMでも有名な「ファンケルのカロリミットを飲みたい」という妊婦さんもいらっしゃると思います。

 

もしくはカロリミットを飲んでる時に妊娠が発覚し、赤ちゃんに影響があったらどうしよう…と不安になる妊婦さんもいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、妊娠中にカロリミットを摂取した場合の影響について調査しました。

カロリミットは妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠中 カロリミット

カロリミットが妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫か調査したところ、カロリミットの公式ページに「妊娠中・授乳中は召し上がらないようにしてください」と注意書きがされていました。

 

カロリミット自体は天然植物由来成分からできている「健康食品」なので体に害を与える成分は含まれていませんが、妊娠中や授乳中は体がデリケートな時期。ダイエット成分が含まれているダイエットサプリメントの摂取は避けるのが一般的です。

 

妊娠が発覚する前に少しだけ飲んでしまったという場合は大丈夫ですが、妊娠がわかってからはカロリミットを飲むのは避けましょう。

 

特にカロリミットは食事中の糖質・脂質の吸収を緩やかにし、急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

赤ちゃん

赤ちゃんは胎盤を通して母体から必要な栄養素を吸収しているので、赤ちゃんに栄養を与えているこの時期に吸収阻害系のダイエットサプリを飲むことは、赤ちゃんの成長そのものに影響を与えてしまいかねません。

 

赤ちゃんは糖分をエネルギーとして成長します。特に中期からは赤ちゃん自身の成長が加速し、それだけ糖分が必要となってきます。

 

そのような時にカロリミットで糖分の吸収をカットしてしまうと赤ちゃんに必要な栄養素が行き渡りにくくなります。

 

ダイエットのために…と飲みたくなるのはわかりますが、妊娠中にカロリミットを選択するのは避けましょう。

 

出産し、授乳が終わってからのダイエットにカロリミットを飲むようにしてくださいね。

妊娠中の体重増加を防ぐサプリメントは?

妊娠中 ダイエットサプリメント

ダイエット成分が配合されているダイエットサプリは推奨されませんが、妊娠中や授乳中でも飲めるダイエットサプリとしてオススメできるのが酵素系のサプリメントです。

 

酵素はもともと体内に存在しているものなので、妊娠中や授乳中に飲んでんも害はありません。

 

また妊娠中に酵素を取り入れることで出産後母乳の出がよくなったといった報告もあります。授乳中に酵素サプリメントや酵素ドリンクを飲むと赤ちゃんにも酵素が行き渡り、免疫力の強化にも一役買ってくれると言われています。

 

なので、妊娠中に体重管理をしたい時や授乳中の産後ダイエットで摂取カロリーや体重増加をサプリで抑えたい時は酵素系のサプリを選択するようにしてくださいね。

 

今、妊娠中のダイエットや授乳中の産後ダイエットを行っているママに積極的に飲まれているダイエットサプリや酵素ドリンクをこちらでご紹介しています。

 

>>ダイエットサプリ派はこちら

>>酵素ドリンク派はこちら